指のタイプに合わせた結婚指輪の選び方

指のタイプには、きゃしゃな指、ぽっちゃり指、すらり指、しっかり指の4タイプあります。

もしあなたの手の甲と中指の長さが大体1対1であり、なおかつ結婚指輪のリングサイズが9号以下の場合、細めの<きゃしゃな指>タイプと言えるでしょう。

このタイプの指はどんなデザインのものでも似合います。

もし繊細なデザインをしたものや、幅が細めのリングなら、さらにきゃしゃな指に見えます。

一粒のダイヤにしてもよいですし、小さいダイヤを散りばめたメレダイヤにしてもステキです。

次に、<ぽっちゃり指>ですが、これは甲と指の比率が1対1で、なおかつリングサイズが9号以上の場合です。

この方は、カーブがかかった、デザインのリングにすると指が長くみえます。

ダイヤモンドも存在感のあるものがよいでしょう。

さらに、甲と指の比率が1対1でない場合、そして結婚指輪のサイズが9号以下の方は、細めの<すらり指>です。
このタイプの方は、ストレートタイプの、シンプルなリングが似合います。

もしくは、個性的なデザインのものでも美しく映えて見えることでしょう。

最後に<しっかり指>の方は、つまりサイズが9号以上の方は、動きのあるデザイン、ダイヤモンドにインパクトのある物を選びましょう。

このようなものを選ぶと、指ではなくリングに目が行くからです。

このように自分の指のタイプに合わせて、結婚指輪を選ぶなら、一生身につけてても後悔しないリングを選ぶことができるでしょう。
最新結婚指輪事情:http://plateauteam.com/