のぼりは遡って平安時代~ […]

既製品ののぼりとオリジナルののぼりの違い

のぼりは遡って平安時代~鎌倉時代のあたりには既に利用されていたと考えられています。

その用途は時代によって変化し、当初は敵と味方を識別するために使われていましたが太平の世と言われる江戸時代、そして現代においてはその役割は全く違ったものとなりました。

▽江戸時代にのぼりは庶民へと浸透…http://www.adizerof50black.com/

宣伝のためのツールという認識が主流となっている現代ののぼりですが、既製品ののぼり旗とオリジナルのぼり旗とではその活用法に大きな違いがあります。

両者の違いについてお話ししましょう。

◆既成品は大量に買って宣伝効果を高める手段。

のぼり旗には大きく分けて2つ、既製品とオリジナルのぼり旗があります。

既製品ののぼりの良さは何といってもその値段です。

1本あたり500円とか1000円というように安価なため企業では往々にしてフェアやセールなどで大量に使う場合に利用されます。

ですが安い反面デザインに限りがあるため間に合わせのように使われることが多く、個人の場合はとくにその傾向が強いです。

オリジナルののぼりの良さは何といってもデザインが自由な事です。

好きなようにイラストを入れたりタイトルを入れたりできるので、目的に応じたデザインののぼりを手に入れることが出来ます。

◆1本からでも対応してくれるオリジナルのぼり旗。

個人で小さなお店を経営されている方にとっては、自分のお店と競合他店との違いがどこにあるのかをしっかり示すことが大事です。

のぼり旗は、味であったりサービスであったり、個々それぞれのメッセージやイメージをダイレクトに伝えることができるツールです。

しかも1本からのオーダーが可能で、初期投資といっても数千円という単位です。

集客効果は意外にも早く出ます。

◆既製品は安価ですが、どちらかといえば大量に必要となるチェーン店や全国的なフェアなどで活用するものです。

のぼり旗にはさまざまな活用法がありますが、個店経営で他店との違い、店自慢が勝負というオーナーの方にはオリジナルのぼり旗がおすすめです。

制作費用も安く、コストはかかりません。

既製品ののぼりとオリジナルののぼりの違い はコメントを受け付けていません。