4月

13

のぼりを製作するにあたって失敗しないポイント

のぼりのデザインや制作の事例は会社に残っているはずです。

まずはそれを基本にして、いろいろ検証しましょう。

失敗しないポイントも見えてくるはずです。

◆過去の事例から学べるものがたくさんある。

のぼり制作で失敗しないポイントを気にする前に、会社で作成した過去ののぼりの事例・サンプルを見て、じっくり検証しましょう。

そして前任者から話を良く聞き、過去の失敗や成功例なども聞きましょう。

会社としてどんなのぼりにしたいのか、それを丁寧に聞き出すことが何よりも大事です。

◆会社の意向を聞き取りまとめることが先決。

のぼり制作で失敗しない方法はいくらでもあるので焦らないでください。

先にお話ししたように、会社としての意向がはっきりすれば、あとは新しいのぼりのイメージスケッチか要望書をもってのぼり専門店に行きましょう。

ファックスやネットでオーダーできるようにもなっています。

画像も送れます。

要望をしっかり伝え切れて、間違いがなければ仕上がりは大丈夫です。

◆のぼり制作で失敗しない方法は、会社の意向や前任者の希望を、事例を含めてしっかり聞き出すことです。

デザイン的に失敗しないコツは、会社ののぼり旗の過去の作品を見ればよく分かります。

その作品を囲んで、どこが悪かったのか、新作はどうあるべきかを話し合いましょう。

まとまりさえすればあとはのぼり専門店がやってくれます。

安心しましょう。

Posted in 失敗しないのぼりの作り方 | のぼりを製作するにあたって失敗しないポイント はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.